添い乳しやすいそいねーるを2年半使ってみた感想!![コンパクトなサイズ]

soinel
 

こんにちは、Meguです。

赤ちゃんを迎えるにあたって、寝る場所をどのように確保するか悩みますよね。

ベビーベッドにするか、同じ布団で一緒に添い寝するのか?

またベビーベッドにする場合は、どのメーカーのどのタイプを選ぶのか?

出産準備品の中でも高額なものなので、購入に慎重になる方も多いのではないでしょうか。

子ども売り場などで実物もいろいろ見た結果、私たちはベビーベッドを導入することに決めました。

購入したのは、yamatoyaのそいねーる+ムーブです。

そいねーるを第一子に続き、現在第二子にも使用していますが、とても便利で気に入っています。

今回は私たちが購入した、そいねーる+ムーブの使い心地についてご紹介します。

 

出産準備中の方、ぜひご覧ください。

こんな人に読んで欲しい
  • 産を控えてる方
  • 赤ちゃんの寝床について悩んでいる方
  • ベビーベッドを購入しようか悩まれてる方
  • soinel(そいねーる)が気になっている方
 

それでははじめていきます!

CONTENTS

ベビーベッド【そいねーる+ベビーベッド ムーブ】について

ベビーベッドを使おうと思った理由

baby

私たちは現在戸建てに住んでいますが、第一子が生まれてしばらくは賃貸に住んでいました。

賃貸の時から、現在もですが、シングルベッドを2つくっつけて寝ていました。

子どもが生まれるにあたって赤ちゃんの寝床について考えたときに、同じベッドだと落下が心配だったこと、ベッドが沈み込みが深いタイプのため窒息の可能性が怖かったためベビーベッドを購入することにしました。

 

事故は絶対に防ぎたいという思いがありました。

そいねーる+ムーブを購入した理由

soinel

出典:Yamatoya

私たちが寝室にしていた部屋は6畳で、設置してある大きめのクローゼットの開閉のスペースも考えるとベビーベッドをコンパクトにする必要がありました。

また、子どもは2人欲しいと考えていたため、作りがしっかりとしていて長期的に使えるものがいいと考えていました。

その2つの希望を叶えてくれて、なおかつ見た目もシンプルで部屋の雰囲気にも合いそうだと思い、そいねーるの購入を決めました。

 

色もナチュラルとホワイトの2種類ありますので、
部屋に合わせて選ぶことができます。

そいねーる+ムーブのメリット

高さを変えることが出来る

bedhigh

床板の高さを2cm刻み/15段階の細かな調節が可能です。

床下から23cm〜65cmとあらゆる高さのベッドに対応出来ます。

我が家の高さ34cmのベッドにもぴったり合う調節が出来ました。

 

大人ベッドとぴったりくっつけることが出来るので、
添い寝する時も安心です。

キャスターがついている

キャスターが4箇所ついていて、ロック機能もあります。

間取りによっては、寝室からリビングまでらくらくと移動が出来ます。

kyanistar
 

家事をしながらでも、赤ちゃんの顔が見れるのは
うれしいですよね。

コンパクトな作り

bedsize

木製のしっかりとした作りにも関わらず

高さ約100cm、幅約93cm、奥行き約51cmとコンパクトな作りになっています。

特に奥行きがコンパクトなので、寝室の狭い我が家にうってつけでした。

 

マイホームの寝室は4.5畳と賃貸の時よりさらに狭いので、
そいねーるにしていて本当によかったです。

添い乳をしやすい

個人的に最大のメリットと感じているのが、添い乳のしやすさです。

細かな高さ調節でぴったり大人のベッドにくっつけることが出来るので、ストレスなく授乳が可能です。

soine
 

夜間の授乳は体力&気力勝負なので、
添い乳が楽にできるとうれしいですよね。

通気性がいい

tuukisei

マットは全て取り外すことが出来て、床板もすのこになっています。

簡単にマットをあげて通気することが出来るので、カビ発生の心配も少ないです。

 

忙しい日々の育児、メンテナンスが簡単だと
とても助かりますよね。

寝具がかわいい

寝具やベッドガードのデザインは、2種類から選べます。

第一子は女の子だったため、寝具は女の子らしいかわいいデザインを選ぼうと考えていたので、我が家は「ほしのしずく」にしました。

カラフルだけど派手すぎず、男の子にも使えそうなデザインなので、次にもし男の子が生まれても買い直さなくていい点も我が家にとってはメリットでした。

futon

そいねーる+ムーブのデメリット

開閉が不便

bedsaku

我が家では基本扉は開けた状態にしているので、あまり気になりませんでしたが、扉の開閉は少し不便です。

本体と扉のパーツが分かれているため、開閉のたびに扉を別の場所に移動させなくてはいけません。

 

上の子やペットの侵入が頻繁にある場合は、
都度の開閉がストレスになるかもしれません。

細かく分解出来ない

ある程度の分解は可能ですが、最大で100cm×93cmサイズのパーツがあるので、持ち出しには不便です。

私の場合は産後の里帰りの際、ベッドを車に乗せるのに実家の軽自動車では一度に運び出すことができず大変でした。

 

車種によってはすべて乗せることも可能なので、
軽自動車ならではの不便さかもしれません。

まとめ

 

いかがでしたか?

そいねーる+ベビーベッド ムーブまとめ
  • 高さを2cm刻みの15段階変えることが出来るので、あらゆるベッドの高さに対応が可能
  • キャスター付きで移動がらくらく
  • コンパクトなつくりなので寝室の狭い方へおすすめ
  • 添い乳するときに便利
  • 扉の開閉頻度が高い方には不向き

ベビーベッドをお悩みの方はそいねーるを選ぶことで、場所をとらずに安心にコンパクトに子育てが出来ますよ。

とくに添い乳をする場合寝かしつけやすいので夜間とても便利です。

残念ながら今回ご紹介させて頂いた、そいねーる+ムーブはyamatoyaさんでの取り扱いは終了していますが、メルカリなどで購入を検討されている方の参考になれるとうれしいです。

また、現在はそいねーるIIIとしてバージョンアップしているようで、こちらは床まで高さを下す調節が出来るようなので敷き布団をお使いの方も、ぜひご検討されてみてください。

 

ではまた!

soinel

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS