寝室ニッチの作り方[高さ・コンセントの位置など事例紹介]

Bedroom niche

こんにちは、Meguです。

家作りを始めるときに、「寝室は寝るだけだから狭くてもいいかな」と部屋の広さを4畳程にしました。

その代わりに私たちが寝室づくりでこだわったのは、使いやすさです。

賃貸物件の時から使っているベッドを持っていく予定だったので、手持ちのベッドの高さに合わせること。 そしてこれから生まれてくる子供との生活を踏まえての使いやすさを追求しました。

その結果、狭いけど痒いところに手が届くような、使い心地満点の寝室が出来上がりました。

毎日寝る時間がたのしみになってます。

今回は、我が家のお気に入りスポットである寝室の、寝室ニッチやその高さコンセントや照明の位置についてと、寝室のお気に入りポイントについてご紹介します。

使い勝手と同じくらい、見た目も気に入っています◎

こんな方におすすめ
  • 家づくりを始めようと考えている方
  • 寝室の作り方に迷われている方
  • 寝室にニッチを作りたいと考えている方
  • 寝室の施工事例を確認されたい方

それでは、はじめていきます。

CONTENTS

我が家の寝室ニッチについて

Bedroom niche

我が家の寝室ニッチについてご紹介します。

サイズと高さ

我が家の寝室ニッチは、北向きの壁に作りました。

Bedroom niche

手持ちのベッドの高さに合わせてサイズや高さを設定しました。

ベッドからニッチの高さは実際に寝た状態で使いやすい距離を測ってみてください。

Bedroom niche

物を置ける場所は、上部のくぼみと掘り込み部の2ヶ所作りました。

2ヶ所作ったので使い勝手もとてもよくなりました。

コンセントの位置

Bedroom niche

ニッチの掘り込み部の両端につくりました。

コンセントを側面に設置することで見た目もスッキリしています。

Bedroom niche
 

夫婦で2人同時に充電が可能です。

スイッチの位置

ニッチにはスイッチを作らずに、ニッチのすぐ右の壁に作りました。

Bedroom niche

お気に入りポイント

寝ていても手が届く

我が家の寝室の、最大お気に入りポイントは、ベッドから動かずに入眠できるところです。

Bedroom niche

充電中の携帯や、スイッチに手が届くので、子供の寝かしつけで動けないときにもすごく助かります。

絵本の読み聞かせに最適

Bedroom niche

上段にも棚を作ったおかげで本なども立て掛けらるようにしました。

寝る前の絵本タイムは、娘に自分で絵本を選んでもらっています。

Bedroom niche

読み終えると、そのまま後ろを振り向くだけで、絵本を納めることができます。

 

絵本を置くだけで、一気に寝室が賑やかに
かわいく彩られます。

照明のこだわり

Bedroom niche

ベッドから手が届くスイッチは、2個あります。

一つは、ダウンライトのスイッチで、もう一つは間接照明のスイッチです。

間接照明のスイッチには、調光機能をつけました。

調光ライト
 

絵本を読み聞かせるときも、調光ライトを使用しています。

壁紙にも一工夫

wall
サンゲツ RE-7923

壁紙はグレーを選び、空間にアクセントをつけました。

寝室を、深い睡眠を得れてリラックスできる空間にするためには、アースカラーが向いているそうです。

 

落ち着いた印象で気に入っています◎

そして、実はこの壁紙はチョークでのお絵描きが可能になっています。

子供たちがもう少し大きくなったら、ベッドを少し動かして、自由に絵を描いてもらいたいなと思っています。

太陽の日差しをしっかり取り込める

duole

南向きに大きな窓があるため、しっかりと朝日を取り込むことができます

そのため、朝になると自然に目が覚めます。

 

晴れている日は、とってもきもちよく
起きることができるので気に入っています◎

まとめ

 

いかがでしたか?

まとめ
  • 我が家の寝室ニッチのサイズ[高さ 180mm×横幅 1430mm×奥行 110mm]
  • ベッドからニッチの高さが使い勝手を決める[我が家の場合 320mm]
  • 上端に幅 80mm程度の棚を作ることで本などを立て掛けれる
  • コンセントの位置は両側面に1個ずつあると便利ですっきりした見た目になる
  • スイッチの位置は寝た状態から手の届く範囲に設置する
  • 間接照明にすると柔らかい光になり調光タイプにするとなお良し

だけど、子供がまだ小さい我が家では20時くらいから7時くらいまでの、約11時間という1日の半分ほどを毎日過ごす場所なので、使い勝手にこだわって本当によかったなと感じています。

家づくりを始めるとき、「寝室は2階の人の目に触れない場所にあるし、予算を抑えれる場所かな」と考えていました。

寝室ニッチをつくるとオプション費がかかりますが、ストレスなく快適に過ごすためにはどんな工夫が必要か、家族で事前にしっかり話し合うことで、注文住宅ならではの住みよい空間を作り出せるのではないでしょうか。

寝室ニッチを家族の生活スタイルに合わせて作ることで、より快適な寝室づくりができますよ。

 

ではまた!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Bedroom niche

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS